継話§雪下出麦~七十二候~冬至

冬至の末候“雪下出麦(ゆきわたりてむぎいずる)”である。

考えるまでもなく、冬至が冬の真ん中に位置していて、それを過ぎれ
ば春が近づくという……世の習いである。

もっとも、寒さの底はこの先2か月くらい続くことになるので、日没
時刻が少しばかり遅くなり始めても、春だという実感は薄いのだが。

もう長いこと、元旦は青空の広がる一日ということが続いていると思
うのだけれど、そこでうれしいのは、日没時刻が若干遅まったことで
夕方の明るさが戻ってきたと感じられることである。

そういえば、かつて太陰暦の頃の正月は2月の立春あたりだったわけ
で、となれば日没時刻は17時を過ぎているわけで、新年と春の訪れが
同時進行していたということに気づかされることになるわけだ。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック