ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 愁話§ふるさと納税の落とし穴

<<   作成日時 : 2019/01/10 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ふるさと納税なるものをしたことはない。制度が始まった当初、自分
の生まれた町に対してだったら“納税”という寄付をしてもいいなと
思ったことはあったが、細々と何か所かに寄付をしていたので、それ
以上をするまでの余裕はなかったということもあった。

それから何年かして“返礼品”目当てのふるさと納税が盛んになって
いると知って驚いた。縁も所縁もないない自治体に、ただ単に返礼品
に誘われて“納税”するなどと……明らかに何かが違っているのでは
と思ったのだ。

自治体の側もまた、納税してもらおうと、その町と何の関係のないと
思われる返礼品を並べてということもまた、何かがおかしくないか。

ふるさと納税の税控除額が増大して、税収減をきたしている自治体も
少なくないという報道も見かけた。つまりは明らかに税配分バランス
が崩れてしまっていると思われるのである。

最初に書いたように、当初は自分が生まれた町を応援したいという、
素朴な趣旨で始まったはずのふるさと納税が、いつの間にか別の自治
体の足を引っ張っていたという、由々しき事態が広まってしまった。

そんな制度は早急に見直したほうがいいと思うのだが。

《日常のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
愁話§ふるさと納税の落とし穴 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる