ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 辞話§横綱稀勢の里引退表明

<<   作成日時 : 2019/01/17 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日朝、稀勢の里が引退を表明した。初場所初日から三連敗と黒星を
重ねた末の引退で、遅きに失したということははっきりしている。

大関だった一昨年の初場所初優勝を果たして横綱昇進。三月場所でも
優勝を果たしたが、十四日目の日馬富士戦で左肩を負傷したことが命
取りとなって、それ以降の不振は横綱の成績と呼べるようなものでは
到底言うことができなかった。

本人が土俵に立ちたいと言えば、そうさせるしかなかったが、もっと
早い段階で2場所でも休場させて負傷から回復させるべきではなかっ
ただろうか。中途半端な状態で出場させては負けが込むと休場では、
本人も周囲も不本意なことであっただろう。

昨年、三月場所から3場所連続して休場し、九月場所では10勝5敗と
復活の兆しを見せたものの、十一月場所でも連敗して休場。この時点
で引退するべきだったと考えたのだったが……。

初場所の三日間は、稀勢の里自身もどう相撲を取ったらいいのかわか
らないような惨憺たる内容の敗戦で、どのような成算があったのかは
わからないが、本人の胸中はもう、現役続行か引退かで揺れ続けてい
たはずで、そうなったらきっぱりとした相撲など取れるはずなとなか
ったと考えるのである。

横綱在位12場所。通算成績は36勝36敗97休、勝率ちょうど5割という
名誉とは言えない記録が残った。

《相撲のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
辞話§横綱稀勢の里引退表明 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる