打話§段落は一行空きで

2005年に書き始めたブログだが、最初から自然に決めたことがある。

原稿を書く時のように段落冒頭を1字下げることをせず、段落区切り
を一行空けにするというものだ。

段落を1字下げで始めても、それに続く行が画面上でキチキチに詰ま
っているように見えてしまい、読みにくくなりそうだと想像できたの
で、最初から今ある形となったのだった。

それと、わかりやすい文章をと心がけていて、一つの段落を5行以上
にはせず、最大で3行か4行で改行するように務めているのである。

一話四百字程度というのも、延々だらだら長く書いても意味はないと
思い定め、1分もあれば読み切れることを旨としているからなのだ。

もう一つ心がけていることに、やたらと横文字を使わないということ
もある。自分で半分も理解していないような英単語を並べても、読む
側にしてみれば意味がわかるはずはないと決まっているではないか。

だから“コンプライアンス”とか“トリクルダウン”とか、そんな単
語など使ったこともない。そんな英単語を使わずとも、日本語で十分
に説明できると思っているのである。

だから“エントリー”という言葉も、実はそれほど好きで使っている
わけではないのだ。

《ブログのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック