独話§ドイツを旅行するのは・・・・・・

レンタカーを利用するようになって、間もなく20年になろうとしてい
る。鉄道旅行も嫌いではないが、小回りは圧倒的に自動車による移動
に軍配が上がる。

とはいえ、ドイツをメインに旅行するようになってはみたものの、訪
問した都市は限られている……訪れて宿泊したことのある都市だけに
限ってみれば。

ミュンヘン、フランクフルト、ニュルンベルク、ローテンブルク、バ
イロイト、ルードヴィヒスブルク、ベルリン、ドレスデン、フライジ
ング、ノイ・ウルムくらいのものでしかない。それに加えるなら、ド
イツ最高峰ツークシュピッツェの頂上直下のホテルに泊まったことが
ある。

途中下車して立ち寄った都市としては、シュトゥットガルト、ライプ
ツィヒあたり。ウルムは、ノイ・ウルムに泊まった時に街歩きした。
加えるならドレスデンに旅行した時に、ポーランド国境の町ゲルリッ
ツと、バイロイト音楽祭の時にバンベルクに日帰りで行っていた。

というわけで、当然ながら未訪問の場所だらけで、まずもってライン
河に沿った都市にはまったく行っていない。ライン川沿いに北上する
なら、フライブルク、ハイデルベルク、ボン、ケルン、デュッセルド
ルフがそうだし、さらに北上して、ハノーファーやハンブルク、リュ
ーベックなどが未訪問。ゆえにドイツ領を流れるライン河も眼にした
ことはない。

要するにドイツ南東部のバイエルン州あたりをうろうろしているだけ
で、各地をもれなく網羅してしてはいないのだ。

我々の旅行は名所旧蹟巡りではなく、のんびりと“そこにいる”こと
が目的といえばそうなのかもしれない。

《ドイツのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック