ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 継話§水沢腹堅〜七十二候〜大寒

<<   作成日時 : 2019/01/25 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

大寒の次候“水沢腹堅(さわみずこおりつめる)”である。

つい先日、湿度と雪の関係について知る機会があった。

湿度が低いと高めの気温でも降雪となり、湿度が高かったら気温が低
くても雪にはならないということだ。

例えば気温4度の場合、湿度が60%以下だったら雪に、70%以上だっ
たら雨になってしまうのである。だから気温が8度であっても、湿度
30%近かったら雪となり、たとえ気温が0度であろうと、湿度が90%
以上だったら雨になってしまうのである。

画像

このあたりの気象のメカニズムはなかなかに複雑で、勉強になった。

《七十二候のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
継話§水沢腹堅〜七十二候〜大寒 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる