ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 渦話§ワインはスクリューキャップで

<<   作成日時 : 2019/01/29 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

横着者でであるによって、昨今はコルクキャップのワインボトルを買
ったことがない。

もっぱらスクリューキャップの1000円ワインを買って呑んでいるが、
その程度で十分な舌の感覚しか持ち合わせていないのである。それに
2000円以上になると、ほとんどコルクキャップになってしまうのだ。

別にコルクキャップでも開けることが面倒であるとか感じてはいない
けれど、コルクの場合開栓した後の保存をどうするかで、いっそ呑み
切ってしまえばいいのだが、さすがにそれはできないので、どうする
かというと、抜いたコルクの天地を逆にして差し込むのである。

抜いたコルクの上のほうが細くなっているので突っ込みやすくなって
いるので、いつもそうしているのだ。

だからというわけではないが、その点スクリューキャップのほうが、
保存するのもずうっと楽なのである。一回にボトル半分くらいを呑ん
でいるから2日で一本が空く勘定ということか。

それに、酒類を買うのも日常使いのスーパーマーケットなのだが、そ
この廉価ワインの中には、数十ポイントから百ポイントの買い物ポイ
ントを付けてくれるのがあるので、こまめに値札を眺め、そのあたり
を狙いすませて買い求めているのである。

《酒のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
渦話§ワインはスクリューキャップで ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる