ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 告話§ビッグイシュー353号発売中!

<<   作成日時 : 2019/02/15 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ビッグイシュー353号は2月15日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売員の収入に。ホイットニー・ヒューストンが表紙。

画像

表紙&スペシャルインタビュー ホイットニー・ヒューストン

リレーインタビュー 竹中直人(俳優)

特集 大丈夫、認知症。

長寿化によって今、日本に認知症の人が500万人超。まだ人類はこんな社会を経験したことはない。認知症を考えることは、世界も未体験の社会とあなたの将来を想像すること。

そんな中「認知症になると何もわからなくなる」というイメージを一新する、当事者や市民の取り組みが始まっている。

39歳で若年性認知症となった丹野智文さんは、当初うつを経験。しかし、当事者の会に参加し、希望をもち、現在は当事者の相談窓口「おれんじドア」の活動に忙しい。

NPO「町田市つながりの開」理事長の前田隆行さんは、認知症の人に働く機会を提供するデイサービス「DAYS BLG!」を運営。「社会に貢献したい」という思いを叶える。

NPO「認知症フレンドシップクラブ」理事の徳田雄人さんは、英国の取り組みも参考に、認知症の人の社会生活を保障する「認知症フレンドリー社会」への転換を訴える。

動き出した当事者、市民とともに「大丈夫、認知症」と言える社会をつくりたい。


[国際記事]
住民が“コモナー”として参加する新しい農業モデル
            「ニュー・コモンズ・ファーミング」


被災地から〈シリーズ〉原発海外避難C
      DV、子宮がんを経て、米国でステップアップを目指す

浜矩子の新ストリート・エコノミクス
           2019年のヒト・モノ・カネはイヤイヤ尽くし

コミック 『マムアンちゃん』 ウィスット・ポンニミット

枝元なほみの悩みに効く料理
      結婚したいですが出会いがありません☆重ねるだけ鍋☆

ビッグイシューアイ 身体を使って、世界を知覚していく
                   写真家・石川直樹20年の旅

宇宙・地球・人間――池内了の市民科学メガネ
                  感情を表す表情は遺伝する?

今月の人 『ビッグイシュー・オーストラリア』販売者 シェリル
                           [その他]

《ビッグイシューのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
告話§ビッグイシュー353号発売中! ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる