変話§菜虫化蝶~七十二候~啓蟄

啓蟄の末候“菜虫化蝶(なむしちょうとなる)”である。

啓蟄も終わり、来週には春分がやって来る。東京では、2月も半ばを
過ぎた頃から急速に暖かさが増してきたように思う。

去年の同じ時期だったら、厚めの上着で外出していたところを、少し
だけ軽めの上着でも十分に屋外で活動できるようになってしまった。

去年3月の気温を眺めると、最低気温が3度を下回ることはなかった
が、順調に“三寒四温”を繰り返しつつ、春に向かって歩みを進めて
くれたのである。

そして今年の春への歩みは、ちょいとばかり足早になりそうだ。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック