ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 玉話§卵かけご飯とか〜TKG〜

<<   作成日時 : 2019/03/18 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

子どもの頃は、今以上の偏食だった……ひどいものである。

食べるものの範囲も極端に狭くて、それでも生きてこられたのだから
人間なんてそんなものなのだと、振り返って改めて思うことなのだ。

それにしても、やっぱりTKG(卵かけご飯)のうまさは何だろうかと
しみじみ考えてみる。炊き立て熱々のご飯に卵を割り入れ、醤油を垂
らして混ぜる……それだけの、料理にもならないご飯茶碗一つの食べ
物のうまいことよ。

だから、子どもの頃の朝ごはんといえば、卵かけご飯ばかりの毎日な
のだった。

そうしてもう一つ。卵かけご飯ほど頻繁ではなかったが、やはり朝食
としてよく食べていたのが“バター溶かしご飯”である。これはもう
バターの香ばしい馥郁とした風味が食欲をそそってくれたのだ。

そして今、卵かけご飯は月に2回か3回くらいは食べていると思うが
バター溶かしご飯は、もう長いこと口にしたことはない。よく考える
なら、バターを溶かして醤油を垂らすなど、正気の沙汰とは思えない
食べ物ではなかろうか。

それじゃあ、トーストにバターを塗るっていうのとどう違うのか……
そう突っ込まれると返す言葉はないのだけれど、ともあれ、さすがに
遠慮申し上げたい年齢なのである。

《B級グルメのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
玉話§卵かけご飯とか〜TKG〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる