楕話§ラグビーのルール運用~わかる?~

好きでラグビー観戦をするが、ラグビーのルールのおおよそはわかっ
ているつもりではあるけれど、実際の場面でレフェリーが笛を吹くま
で、そこでどんな反則が行われているか、詳細はわからない。

表に出ていて単純に目で見ればわかる反則……例えばノックオンとか
スローフォワード、そしてハイタックルのような危険なプレイだった
ら、わかりやすいが、むしろわからないことのほうが多かったりする
のだ。

特にモールやラックなど、密集状況の中で何が起きているののか、ス
タンドから遠目に見ていてもわかるはずはない。例えば“ノット・リ
リース・ザ・ボール”は、タックルされたプレイヤーは倒された時に
持っていたボールを手放さなくてはならないにもかかわらず、敵方の
選手がボールを放させないようにしてペナルティを得るのだが、



とりあえず、上の動画でどのような反則があるのか確認してほしい。
その上でラグビー中継を観ていただければ“ああ、そういうことか”
とわかっていただけるだろう。

もちろんレフェリーは眼の前で行われているプレイをジャッジしてい
るから、すぐわかることだと思うけれど、そこに“アドバンテージ”
なる要素まで入り込んできて、反則が行われた後も延々とプレイが続
いていることに対しては、いつ解除されるのかなと考え込んでしまう
のである。

《ラグビーのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック