ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 愉話§呑藝春秋[58]焼酎お湯割りソーダ割り

<<   作成日時 : 2019/03/26 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

このところ晩酌として、焼酎を割っては楽しんでいた。暖かい季節に
は、もっぱらソーダ割りで通していたが、冬の間はお湯割りを嗜んで
いたのだ。

アルコール度数25%ほどの麦焼酎を倍程度に薄めるから、アルコール
度数はほぼ半分……日本酒よりも少し軽いといったところだろうか。

そのまんま割ってしまうなら、沸騰したお湯でも温くなってしまうか
ら、割る前に電子レンジで1分ほど熱くしてやると、いい塩梅のお湯
割りが出来上がる。そうして、麦焼酎は癖など皆無だから、おもしろ
みこそないけれど、その分するすると呑めてしまう。

ビールのロング缶を空けた後、こいつを日本酒換算で二合ほど呑めば
けっこう満足できる。

ただし、そうはいっても、冷たい酒が好きだから、3回に一回はソー
ダ割りを呑んでしまうのは性(さが)みたいなものだろう。冷たい酒と
いうことと、炭酸のシュワシュワ感が自分の性に合っているわけで、
どうやら、お湯とソーダを適当にローテーションしていれば満足だと
いうことだ。

さすがに4月に入れば、お湯割りを呑むこともなくなるとは思うけれ
ど、それでもちょっと呑みたいと思わせるのが、蕎麦屋で注文する蕎
麦湯割りで、これはお湯割りとは別の位置にあるような気がする。
                            [続く]

《酒のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
愉話§呑藝春秋[58]焼酎お湯割りソーダ割り ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる