無話§道徳を云々する資格

日本の、特に現政権に属する政治家のほとんどが、紳士的な存在から
程遠いものがあるのは、見ていれば瞬時にわかることである。

そんな“おっさん”たちが、言葉遣いや様々な日常の常識的なマナー
をわきまえてなどいるはずもない。例えば、どこかの店で買い物をし
て、店員とやり取りをする時も、発する言葉はせいぜい「あぁ」程度
のもので、下品かつ横柄な態度で対応するだろうことは間違いない。
根拠なく自分を偉い存在だと思うことの無意味さよ。

そんなレベルの人間が、学校教育に道徳を無理やり押し込むなどは、
既にして論外な話で、非道徳の輩はすっこんでいろと思うのである。
道徳を騙る資格など彼らにはないのである。

憲法を変えたくてしかたのない、愚かな首相が、ポツダム宣言を読ん
だこともなければ、間違いなく日本国憲法の条文もろくに読んでなど
いないに決まっているし、さらには“法の支配”の対義語も知らなか
った……いい加減に国民は、この男に政治をさせることを辞めさせる
べきだと思わなければならない。

“云々(でんでん)”とか“森羅万象担当大臣”で笑っている場合では
なく、真正面から、この男を政権の座から引き下ろすべく、まじめに
努めなくてはなのだ。

《日本のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック