奈話§横浜市営地下鉄の新百合ヶ丘延伸

30年以上も多摩川の外側に暮らしているが、三多摩の特に南北の鉄道
網の貧弱さは何とかならないだろうかというのが実感である。

暮らし始めて以降に新設されたといえば多摩センターから立川の先ま
で繋げた多摩モノレールくらいなもので、それ以外、多摩川と国道16
号線の間には南武線と横浜線くらいしか走っていない。その2つある
JRの路線の走り方は何とももどかしいもので、もう少し私鉄を見習
ってほしいと思っているのだが。

……などと嘆いていたら、横浜市営地下鉄が小田急線新百合ヶ丘まで
延伸するというニュースが入ってきた。現在は東急田園都市線あざみ
野まで走っているラインをさらに延伸させるのだという。

画像

上がその計画図である。これは朗報として受け留めていいのだけれど
延伸が完成するのは2030年のことで、我が身は喜寿直前なのである。
70歳を越えた先の我が身がどうなるものか、これはもう先行き不透明
としか言いようがなく、開通を眼にすることができるかどうか自信は
ない。

現状、川崎に行くには小田急から登戸で南武線に乗り換えるとか、横
浜だったら橋本で横浜線に乗り換えていたが、新百合ヶ丘で横浜市営
地下鉄を利用できるのであれば、これはかなりなショートカットにな
ってくれるはずである。

延伸するあたりは、それなりに人口増しているはずだから、沿線住民
にとっても開通が待ち遠しいことであろう……11年後か。

《東京のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック