変話§雷乃発声~七十二候~春分

春分の末候“雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)”である。 とうとう3月が終わる……一年の四分の一が過ぎてしまった。 一度は書いたかもしれないが、夏が終わって秋から冬へと向かうのは 坂を下っているような感じになる。逆に冬が終わり、春から夏に向か うのは、坂を上っているように感じられる。 冬になるのは、何がなし残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~瓶詰の末路~

時折だが、デパートの物産展を冷やかしていると、瓶詰された珍味の 類に目が留まる……何ちゃら味噌とか何ちゃら漬といった奴である。 試食を勧められて、何となくうまいと思い、いそいそと買って持ち帰 り、自宅で酒の肴よろしく箸をつけると、けっこう酒が進むのだ。 ところが瓶を開けて10日もすると、冷蔵庫の中の存在感が突然希薄に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~外食度低く~

夫婦して出不精を決め込んでいるものだから、定年退職このかた外食 する機会が明らかに激減した。 都心へと外出しても、用事が17時前に済むようだったら帰宅の途中で 食材を買って家での夕食になる。 ↓三月大歌舞伎昼の部の上演時間 だから歌舞伎座で昼の部を観た後も、以前だったら銀ブラをちょっと して、銀座か新宿あたりで酒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年3月29日付~

3月20日……この日の午後、我が家の外気温が20度超えを記録した。 3月に入ってから、日中の気温はおおよそ15度あたりを推移していた が、ここにきて一気に気温が上昇したのだ。 ここ何年か、何だかなイベントと化してしまった感のある東京の桜開 花宣言だが、この日既定の花数には足らず翌日に持ち越しとなった。 3月21日……6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呆話§キラキラネームの破壊力

ツイッターを眺めていたら、下のようなツイートが流れてきたので、 紹介しておく。 “王子様”という、まさにトンデモなキラキラネームを付けられた人 が、改名を裁判所に願い出て認められたという話である。 命名したのは母親だというが、一言“馬鹿じゃないの!”と即座に言 いたくなるほどの、ひどい命名ではないか。せめては“王子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和話§お風呂の適温なるもの

個人的には“冬は熱め、夏は低め”の湯温で入っている。 冬の一番寒い時期で設定湯温は42度。これが3月に入ると41度となっ て、徐々に湯温が下がっていき、盛夏の頃には38度とか39度の湯に浸 かっているのだ。 特に熱湯好きでも温湯好きというわけではなく、たぶん季節の気温に 応じて入浴しているということなのだろう。ただ、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愚話§政治家の言葉の軽薄さ

とりわけ日本の政治家の中には、失言や暴言、妄言を繰り返してはば からない。品格の欠片すら持ち合わせていない人間がいる……いや、 人間以下と言っても一向にさしつかえないくらいである。 そうした輩が問題を起こすたびに「自らの真意とは違ったように受け 取られてしまった」と、馬鹿の一つ覚えのごとくに釈明を繰り返す。 だが、発言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放話§自国第一主義の危うさ

イギリスが2016年の国民投票で“EU離脱(ブレグジット)”すること を賛成過半数で決めたが、そこには離脱を煽りまくった保守党の強硬 派の存在が大きい。 あちこちではびこりつつある“自国第一主義”を声高に叫んで、あた かもそうすることが国の利益につながると言わんばかりなのである。 ところが、国民投票から3年近く経っても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無話§道徳を云々する資格

日本の、特に現政権に属する政治家のほとんどが、紳士的な存在から 程遠いものがあるのは、見ていれば瞬時にわかることである。 そんな“おっさん”たちが、言葉遣いや様々な日常の常識的なマナー をわきまえてなどいるはずもない。例えば、どこかの店で買い物をし て、店員とやり取りをする時も、発する言葉はせいぜい「あぁ」程度 のもので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§桜始開~七十二候~春分

春分の次候“桜始開(さくらはじめてひらく)”である。 桜が咲いた……春や春!である。日によっては寒い時もあるだろうが ここまで来れば春なのだ。 我が家の周囲には桜の木々が多く、桜並木もあれば、用水の両岸に桜 が連なっていたりもする。そうして小高い丘のこんもりとした林の中 に点々と桜が彩りを添えている。 この季節に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉話§呑藝春秋[58]焼酎お湯割りソーダ割り

[承前] このところ晩酌として、焼酎を割っては楽しんでいた。暖かい季節に は、もっぱらソーダ割りで通していたが、冬の間はお湯割りを嗜んで いたのだ。 アルコール度数25%ほどの麦焼酎を倍程度に薄めるから、アルコール 度数はほぼ半分……日本酒よりも少し軽いといったところだろうか。 そのまんま割ってしまうなら、沸騰し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年3月25日付~

3月6日……辛夷(コブシ)の綿芽が膨らんで、白い花が顔を覗かせて いた。写真を撮ったのはこの日だが、その前日には、綿帽子から姿を 現していたのだった。去年の開花は3月7日のことで、おおよそ同時 期のことである。 3月11日……東日本大震災から丸8年となったこの日、辛夷は花開い て、白い花弁が姿を見せたのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

咲話§願はくは花のもとにて

西行法師が晩年に詠んだ一首が、誰もが一度は聞いたことのある…… 願はくは 花のもとにて 春死なむ その如月の 望月のころ ……そう西行が願ったとおり旧暦2月16日、新暦3月31日に亡くなっ た。まさに桜が咲いていたその時期だった。 奇しくも、六代目中村歌右衛門が逝去したのは、西行と同じ3月31日 のことだったが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~我が街の桜~

都心の開花から何日か遅れて開花するのが、東京都下の桜模様で、我 が家の周囲も徐々に花開いてきたようだ。この調子だったら、4月に 入るタイミングで満開の運びとなるだろう。 桜が咲いてしまえばしめたもので、何となく気分が軽やかになってき たと感じる。 毎年書いているような気はするが、日本人が最も屋外に出ていく時期 がやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~3月もあっという間に~

時の流れに抗う試みは愚行でしかないとは思っていても、もう少しは ゆっくりと移ろっていってくれてもいいではないかと、繰り言の一つ も言いたくなるくらいに時間が過ぎ去っていく。 ついこの間3月になったと思っていたら、あと一週間で弥生三月も終 わりになってしまう。 気温が徐々に上がり、日が暮れる時間も遅くなって、何やら世間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭話§おじぎハンコの愚

いかにも日本的会社社会の話だと呆れ返ってしまったのが、おじぎハ ンコという“奇習”のことである。 上のようなハンコの押し方のことで、担当者から始まって最終決済者 である部長だったり社長は真っすぐに押すというのだ。 そんな馬鹿馬鹿しいことをまじめ腐ってやっている会社があるのかと 思っていたら、某銀行がそうだと聞いて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楕話§ラグビーのルール運用~わかる?~

好きでラグビー観戦をするが、ラグビーのルールのおおよそはわかっ ているつもりではあるけれど、実際の場面でレフェリーが笛を吹くま で、そこでどんな反則が行われているか、詳細はわからない。 表に出ていて単純に目で見ればわかる反則……例えばノックオンとか スローフォワード、そしてハイタックルのような危険なプレイだった ら、わかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§雀始巣~七十二候~春分

春分の初候“雀始巣(すずめはじめてすくう)”である。 春分を迎えた。昼と夜が同じ12時間ずつになるのが春分だと言われて いるが、実は4日早い17日(赤ライン)がその日にあたっている。 今日(グレーライン)は既に昼のほうが長くなってしまっているのだ。 つまり春分(秋分も)とは、太陽が赤道(0度)に達した日のことであっ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地話§丸ノ内線新車両に遭遇!

2月から運行が始まっている東京メトロ丸ノ内線の新車両に遭遇した のは3月初めのことだった。慌てて撮影した写真を下に貼っておくが ピンボケ御免! フロントの丸みを帯びたフォルムは下の京王ライナーと似通っている ようでもあるが、もちろんディテールは違う。珍しいなと思ったのは 車両の両端、優先シートのある位置の窓が真ん丸とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~私の口には~

つい最近のこと、なるほど!と頷いた言葉を見かけたのであるが…… “まずい”という言葉を口に出すな “私の口には合いませんでした”と言うのだ ……これは実にどうも的確というレベルを超えた言い方で、日頃から どう表現したらいいかどうかに困ることが多いことへの見事な対処法 であると感じ入ったのだった。 《つぶやきのトピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜話§三月大歌舞伎夜の部~力み過ぎ猿之助~

三月大歌舞伎夜の部を観てきた。演目は『盛綱陣屋』に始まり“口直 し”の『雷船頭』を挟んで『弁天娘女男白浪』の三本立て。 『盛綱陣屋』を観るのは三度目くらいだろうか。十八代目勘三郎襲名 狂言と、歌舞伎座柿落公演で仁左衛門が盛綱を務めた時以来だろう。 仁左衛門の盛綱を中心に行き届いたバランスのいい配役だと感じた。 序盤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総話§スコアの類は持っていますが・・・・・・

音楽を聴くのは楽しみの一つだが、音楽そのものについての知識は、 基本的な和声学をはじめとして、残念ながら持ち合わせていない。 ではあるが、ミニチュアスコアの類はそれなりの数を所有していて、 時折だが気が向くと、聴きながらペラペラめくってみたりすることは ある。実際に音楽が鳴っていないところでスコアをめくっても、当然 のこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛話§無線LANルーター交換

さても、どうも自宅のネット環境の中にあって、無線LANルーター の調子が芳しくないのではと感じるようになっていた。 ダウンロード速度が20MBに達することはなく、データを落とすにもけ っこうな時間を要していて、もどかしい思いが募っていたのだ。そこ で重い腰を上げて、ルーターを買い替えてることにして、選んだのが これ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過話§備忘録的な何か~2019年3月18日付~

2月24日……沖縄の民意が明確に示された。 投票率52.48%で、72.15%の43万4273票が辺野古新基地に反対という 圧倒的な意志表明と言えるだろう。 だが、政府は建設を中止しようなどとは考えていないようで、この先 なおも、沖縄県と政府の対立は続いていく。だから愚かな総理大臣の 「沖縄県に寄り添って」などという、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉話§卵かけご飯とか~TKG~

子どもの頃は、今以上の偏食だった……ひどいものである。 食べるものの範囲も極端に狭くて、それでも生きてこられたのだから 人間なんてそんなものなのだと、振り返って改めて思うことなのだ。 それにしても、やっぱりTKG(卵かけご飯)のうまさは何だろうかと しみじみ考えてみる。炊き立て熱々のご飯に卵を割り入れ、醤油を垂 らして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~駐車場の自動車が~

百数十世帯ほどの団地には、今現在一家に一台の駐車スペースが確保 されている。新築入居当時は駐車場が未増設だったので、外部駐車場 を借りる必要があったのだ。 管理組合が駐車場を増設すると決めたのは20年ちょっと前のことで、 その時からは団地内で駐車スペースをまかなえるようになったが…… それが、この数年で駐車場の自動車が少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§菜虫化蝶~七十二候~啓蟄

啓蟄の末候“菜虫化蝶(なむしちょうとなる)”である。 啓蟄も終わり、来週には春分がやって来る。東京では、2月も半ばを 過ぎた頃から急速に暖かさが増してきたように思う。 去年の同じ時期だったら、厚めの上着で外出していたところを、少し だけ軽めの上着でも十分に屋外で活動できるようになってしまった。 去年3月の気温を眺め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~さっさとやれば~

定年退職してこのかた、合格点に達しているかどうかはわからねど、 まあまあ家仕事の一端くらいは担っていると思いたい。 主なことは、朝のバナナミルクを作ってコーヒーを淹れ、床の電気掃 除機かけ、風呂掃除全般、ゴミ出し、買い物などなどだが、最初の朝 食の用意はまだしも、残りに取り掛かるのにぐずぐずするのである。 さっさとやる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

告話§ビッグイシュー355号発売中!

ビッグイシュー355号は3月15日から発売されています。お買い求 めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。 180円が販売員の収入に。ローリング・ストーンズが表紙。 表紙 ローリング・ストーンズ スペシャルインタビュー ローリング・ストーンズ――ロニー・ウッド リレーインタビュー 北村有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旨話§グルメ?~いえ全然!~

うまいものを食べるのは好きだし楽しみでもある。だからといって、 味にうるさいとかグルメとか食通とか、そんなことはまったくない。 人並みにグルメに関するあれやこれやは眺めるにしても、その先に進 んであちこちの店を食べ歩きすることなど、ほとんどやらないし、拘 りなど何一つないのである。 要するに、食べる物はうまいに越したこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~自分がその立場なら~

政権与党に属するほとんどすべての政治家にとって、一番に欠如…… ……していると思われるのが“人の身になって考える”という、最も 政治家に必要とされる発想だが、彼らが行う施策のほとんどすべてで それが完全に無視されてしまっていて、現状はといえば“今だけ、金 だけ、自分だけ”に堕しきってしまったことに、日本の国民&市民は 厳し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嚔話§花粉症~今年はどうかな~

先月半ば過ぎから東京でも花粉が飛び始めている。杉花粉のピークは もう間もなくということのようで、巷にはマスクの人人人で溢れかえ っている。 我が身に翻れるなら、花粉症疑惑が生じたのが2016年3月下旬のこと だった。片目だけが痒くなって、どうも変だと眼科を受診したら…… 「檜花粉かなあ」と微妙な診断をされて、点眼薬を処方さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悼話§ザ・デストロイヤーさん(レスラー)

ザ・デストロイヤーと力道山の死闘をテレビで見たのは、1963年。力 道山が凶刃に倒れる直前のことだった。デストロイヤーの得意技であ る“四の字固め”に力道山が苦悶の表情を浮かべていたことは忘れら れない。 それから10年後、デストロイヤーがバラエティ番組の出演者として再 登場した時には驚かされた。 それを見た時、嬉々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震話§冷たすぎる飲み物

日本の気候がということもあるのだろうが、飲食店が提供する飲み物 が全体として冷やし過ぎではないかと思えるのだ。特に夏場の日本で 冷たい飲み物が好まれるというのは理解できるが、時にそれが過剰と 感じられることがある。 酒を呑まない同居人が居酒屋で注文するのはソフトドリンクで、主に トマトジュースあたりを頼むのだが、何も言わな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~永世中立国として~

1986年3月12日、スイスで国連加盟を問う国民投票が行われる。 1986年、スイスが国連に加盟するべきかを問うた国民投票が行われ、 四分の三を超える76.6%の反対で否決された。 当時は、末期とは言えども東西冷戦のただ中にあり、そのことが永世 中立、絶対中立を国是としていたスイス国民の投票行動に影響を与え 続けていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時話§得意技は・・・・・・“先延ばし”

もちろん基本は“できることはさっさとやる”という日常生活だが、 毎日が日曜日の年金暮らしをいいことに、物事の先延ばしがやりたい 放題なのだ。 要するに……今日できることも翌日、翌々日に延ばしてしまうのだ。 ぐうたらと言えばそれまでのことだが、何もあくせくする必要がない のであれば、人間が易きに流れてしまうのは当然のことなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§桃始笑~七十二候~啓蟄

啓蟄の次候“桃始笑(ももはじめてさく)”である。 あと10日で春分である。ここ数年の東京の3月11日の気温を見たが、 見事にバラバラで、最高気温が15度を超えたこともあれば、最低気温 が氷点下まで下がることもあった。 いずれにしても、まだまだ天候と気温の変化は気まぐれということで あるから、ゆめゆめ油断してはいけない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禍話§東日本大震災から8年~2011・3・11~

2011年3月11日14時46分18秒に発生した東日本大震災の地震が東京を 襲ったのは、およそ1分後のことだった。 改めて、8年前の自分のツイートを辿ってみると「地震!」とつぶや いたのは、発生からおよそ1分半後とツイッターに記録されている。 完成して数年ほどと新しい9階建てのビル最上階で、凄まじい横揺れ が続いた直後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~春めいて~

東京、今日の日の出はちょうど6時である。一か月前は6時半頃で、 6時を過ぎてようやく薄明るくなってきたのに比べれば、世間が明る くなるのはずいぶん早まったと感じる。 2月の終わり頃には、富士山の姿は輪郭が朦朧としてきて、映像的に は春らしくなってきていた。 そして、日々北側の窓から見上げている飛行機の姿も、青空の淡さの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~親だから何だ?~

児相(児童相談所)が、親の虐待を疑いながら、親の求めに負けて子供 を引き渡し、結果としてさらなる悲劇が生まれてしまう……それも頻 繁にである。 そうなってしまう根底には“親子だから”という明らかに誤った思い 込みが連綿としてあるようだ。 だが、それはケース・バイ・ケースで、事と次第によっては、親が害 悪の根源であるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呟話§一言つぶやき~いきなりダイヤ改定~

毎週、反原発連合の国会前金曜行動に参加するために丸ノ内線を…… ……利用しているのだが、ちょうどいい時刻に新宿始発が出ていて、 混雑もなく国会前まで行けたのに、2月に入ったタイミングで、突然 ダイヤが変わり、新宿始発が4分早まったと気がついたのは、2月も 3週目に入ってのこととて、駅構内にはダイヤを変えるとか何のお知 らせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拉話§たまにはカップ麺

気がつけば、カップ麵が袋麵の倍以上に達していた。我が家では袋麵 もカップ麵も、日常ほとんど口にすることはない。 袋麵といえば、讃岐うどんの生麵のやつを常備しているくらいで、ラ ーメンが食べたい時は、同じ袋麵でもマーケットの冷蔵ショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧話§今日の歴史~国鉄やJRは失敗する~

1971年3月7日、山手線の読み方を「やまのてせん」と統一。 国鉄時代のJRもピントがずれたことをしていたという……それが、 山手線を「やまのてせん」と呼ばせることだったが、当然ながら、今 に至るまでほとんどの人間が誰一人として律義に「やまのてせん」な どと読んではいない。100%「やまてせん」と呼んでいるはずだ。 ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熟話§昔の老人・・・今の老人

我が身がこの世に生を享けたのは、祖母が54歳の時だった。生まれて 間もない頃の写真に写った明治生まれの祖母は、六十代を過ぎた老女 そのものとしか思えなかったのだ。 かように、昔の老人は五十代を過ぎれば見事に老人然としていたよう に見えていたのである。あるいは平均寿命が短かったことで、老成も 早まっていたということだろうか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§蟄虫啓戸~七十二候~啓蟄

啓蟄の初候“蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)”である。 啓蟄がやって来て、ようやく春めいてきたような心持ちになった気が する。家から見えるコブシの綿帽子も、ずいぶんとふくらんできてい るが、去年コブシが開花したのは3月7日のことで、いつ花開いても おかしくはない。 そして桜も、早ければ春分の日あたりには開花宣言が出さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整話§髪の毛の伸び遅くて

今年初めて床屋に行ったのは、ちょうど一か月前の2月6日だった。 その前が何と11月1日で、何ともはや3か月切らなかったのである。 六十路前後から、一段と髪の毛の伸びが鈍化したと感じられすように なってしまった。床屋で髪を切ってもらうのは、もう長いこと2か月 に一度のペースだったが、この2年か3年というもの、2か月経って も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悼話§アンドレ・プレヴィンさん(才人)

“才人”という言葉は、アンドレ・プレヴィンのためにあるようだ。 ジャズ・プレイヤーからスタートして、作曲家から、さらにはクラシ ックの指揮者まで務めた。 ↓ちょっと洒落たヴァイオリンとピアノのデュオ 彼を一度だけ見かけたことがある。1992年10月、ウィーン旧市街の骨 董屋のウィンドウを覗いていたら、すぐ隣のウィンドウで同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燃話§なぜ炎上する動画を投稿するか?

またぞろ、コンビニエンスストアや回転寿司の店員が悪さをした動画 が拡散しては炎上、本部に苦情が殺到しては対応に追われているよう だ。 毎度のことながら、動画をアップするのがそんなに楽しいことなのか と思ってしまう。そして、想像力の“そ”の字もないことに驚かされ てしまう。 以前も書いたことだが、ネットの世間が彼らのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空話§2019年2月の天気模様を振り返る

2月の東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。 このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認 して、より詳細な気象状況をチェックできる。 中旬の頃までは冬らしい寒さの日々だったが、20日を過ぎるころから 最低気温が高めになってきたようで、2月にしては寒さが和らいだと 感じた。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈話§横浜市営地下鉄の新百合ヶ丘延伸

30年以上も多摩川の外側に暮らしているが、三多摩の特に南北の鉄道 網の貧弱さは何とかならないだろうかというのが実感である。 暮らし始めて以降に新設されたといえば多摩センターから立川の先ま で繋げた多摩モノレールくらいなもので、それ以外、多摩川と国道16 号線の間には南武線と横浜線くらいしか走っていない。その2つある JRの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§日曜諸相~卒業シーズン~

28日しかなかった2月があっという間に終わって3月がやって来た。 言うまでもなく3月は卒業の時である。保育園から数えるなら、大学 を卒業するまで、予備校を加えれば5回を数えたことになる……つい 3年前には会社も“卒業”したのだが。 理由はわからないが、そうした卒業式の記憶はなぜか希薄である。あ まつさえ大学の卒業式では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週話§土曜諸相~Bokeh(ぼけ)が世界語に~

先月、フランスのニュースを見ていたら、Emoji(絵文字)が、世界の共 通語として使われていることを知って驚いた。 SNSでそのことを書いたら「EmojiだけでなくBokeh(ぼけ)も共通語 になってますよ」とリプライが飛んできた驚いたのである。まさか、 ピンぼけに該当する言葉が存在していなかったと思わなかったのだ。 ソフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

告話§ビッグイシュー354号発売中!

ビッグイシュー354号は3月1日から発売されています。お買い求 めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。 180円が販売員の収入に。エマ・ストーンが表紙。 表紙&スペシャルインタビュー エマ・ストーン リレーインタビュー 田畑智子(女優) 特集 耳をすまし 目をこらして 伝え続ける  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変話§草木萠動~七十二候~雨水

雨水の末候“草木萠動(そうもくめばえいずる)”である。 ついこの間に新年を寿いだと思ったら、あっという間に2月が終わっ てしまった。今日は弥生三月である。 3月になっても春気分にならない。春分になってもセーターが手離せ ないのは、秋分を過ぎても半袖で活動しているのと表裏で似たような ものではないか。 暑さが落ち着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弥話§2019年3月の予定あれこれ

まずは東京における一か月間の日の出&日没時刻を貼っておかねば。 日の出は月初の6時台から月末には5時半と早まり、日没も17時半頃 だったのが18時台に入ってくる。ずいぶん日が長くなってきたと感じ るはずだ。 春分は21日だが、昼と夜が12時間ずつになるのは3月17日で日の出は 5時50分、日没は17時50分である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more