連話§ワタシの酒肴[137]天麩羅

[承前]

ワタシの酒肴で天麩羅を取り上げたことがあったかどうか、すっかり
忘れてしまったので……まあいいか。

もう長いこと自宅で揚げ物は作っていない。大量に残った油の処理が
面倒であることと、やはり揚げ物はフライにせよ天麩羅にせよ難しい
ところが多々あるような気がしている。

で、天麩羅である。もう数年このかた天麩羅屋で酒呑みながらつまむ
のは、年末は大晦日直前の新宿買い出しの時だけになってしまった。
店に入ると、一番安い定食を注文して、お約束のように生ビールから
スタート。

画像

でまあ、海老2尾、魚、野菜が一つずつ、さらに穴子と最後に小海老
かき揚げというラインアップを楽しむ。海老の1尾目は軽く塩をして
食べるのがさっぱりしていてうまい。油で揚げた食物は、当然ながら
ビールに合うが、もちろん天麩羅も例外ではない。

そうこうしているうちにビールがなくなるので、日本酒を二合ほども
らって穴子までやっつけるが、最近は穴子までがきついと感じる時も
あって悩ましいものがある。

もう少し食欲が旺盛だった時には、お好みで2品ほどを追加注文して
揚げてもらっていたが、今はもう穴子を辛うじてやっつけた後、締め
の小海老かき揚げの小天丼を何とか食べ切って大満足という体たらく
なのだ。

それにしても、脂っこい食べ物はどうしてこうも酒に合うのかと自問
を繰り返すのである。
                            [続く]

《酒肴のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック