楽話§音符を読む

楽譜を眺めるだけで音が取れることなどはできない。ずうっとできな
かったし、この先もできるようになるはずなどはない。

画像

小学校の時、同級生に五線譜とト音記号の意味らしきものを教えても
らったことで、オタマジャクシが音の上下であることを覚えたのだ。

その先に進むのにけっこう時間がかかった。四分音符や八分音符とい
った単純な音価はともかく、さらにその先に進むまでには、数年以上
を要した。

高校に入る時、アルバイト代を貯めて一番安いフルートを買って、あ
れこれ闇雲に吹き始めた時、それこそ附点音符の数え方がわからなか
ったし、シンコペーションなどまったくお手上げだったのは言うまで
もない。

四分音符を三連符にしたものは何とかなったが、二分音符を三つに分
けるとなると、まるで訳がわからなくなってしまったのだったが……
これは二分音符を1拍で数えればいいと気がついて無事に解決した。

でまあ、そんなところまでたどり着きはしたが、状況はそこ止まりで
今に至っている。だからもちろん、和音構造がどうなっているかなど
と、音符の連なり見て即座にわかるはずなど、当然ながらできない。

《クラシックのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック