ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 変話§葭始生〜七十二候〜穀雨

<<   作成日時 : 2019/04/20 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

穀雨の初候“葭始生(あしはじめてしょうず)”である。

田んぼは雪解け水で満たされ、代掻きが始まるのももう間もなくのこ
とだろう。

米作りには多くの水を必要としているから、桜が散り切ったこの時期
に降る雨もまた重要なのだと古の人たちが言い慣わしていて、それが
穀雨ということなのである。

もちろん植物は、雨によって成長していくから、しかるべく間隔での
降雨は必要だ。降らなさ過ぎも問題だし、降り過ぎるのもまた様々な
害を及ぼしかねない。

3月中に降る雨は冷たいが、立夏までもうすぐのこの時期に降る雨は
何がなし優しいものを感じる。

《七十二候のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
変話§葭始生〜七十二候〜穀雨 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる