街話§神保巷塵[61]“二郎”と“ジロー”

[承前]

ラーメン二郎という、食べたことがないのでうまいかまずいかは知ら
ないが、とてつもない量で若者の胃を満たす、常に行列が絶えない名
物ラーメン屋である。

↓神保町2丁目で営業していた時の二郎
画像

こなたキッチンジローというカジュアルな洋食屋は、かつては神保町
近辺に多くの店舗を展開して隆盛を誇っていたものの、最近は店舗が
少なくなってちょっと寂しいところがある。若い頃はキッチン南海と
ともにお世話になっていたのだった。

そのラーメン二郎は、去年まで神保町2丁目北側で営業していたのが
神保町1丁目南側に移転したのだ。そして、引っ越した先で待ち構え
ていたのが……キッチンジローだったのだ。

↓ストリートビューより拝借
画像

かくして、細い道を挟んで“2軒のじろう”が仲良く共存する仕儀と
相成ったのである。

もとよりラーメン二郎に行ったことはなく、キッチンジローも縁遠い
存在になってしまったので、今はもうそんな店に並ぶ健啖な若者たち
を眩しい眼で眺めるばかりとなってしまった。
                            [続く]

《神保町のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック