週話§日曜諸相~外食度低空飛行~

宮仕えだった時代、会社帰りには酒を呑んでの外食を週に2回か3回
の頻度でやっていた。だから、外食慣れしてると言ってもおかしくは
ないほうだろう。

定年退職このかた、当然ながら外食度は低下した。大雑把に月数回も
ない。たぶん3回か4回、そんな程度になってしまった。

家で食べるのももちろん好きだが、外で食べるのも嫌いでないのは、
うまいとかまずいとか、そういう質的な問題などでなく、何度か書い
ているように、自分一人だけの時間を過ごすことが大切だったのだ。

だから、会社を終えてふらりと入る店は、数軒に限られ、予定調和の
時間を過ごすことで自分を取り戻す時間なのだった。

定年退職から9月で丸4年……外出度少なめな生活に慣れてきたとは
いっても、時に外食の虫が騒いで、ついつい神保町のランチョンなり
三幸園と行った店で過ごしている自分を思い描いてしまう。

もちろんそれは郷愁の残り滓のようなものかも知れず、今さら“あの
時”に戻れるはずもないことは重々承知している。だから、今はもう
月に一度程度のランチョンでの時間をありがたく楽しんでいるのだ。

《B級グルメのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック