祝話§ワーグナー206歳

勝手に恒例にして寿いでいるワーグナーの誕生日である。

細々ではあるけれど、年に最低でも一回はワーグナー上演をという、
これもまた勝手な決め事も、何とかかんとか継続しているのはめでた
いといえばめでたい。

何しろ、海外オペラハウスの引っ越し公演とは縁を切ってしまったの
と、新国立劇場にも通わなくなってしまったので、相当に不利な状況
となってしまったが、東京・春・音楽祭のワーグナー上演があるのと、
年に一度の海外旅行のタイミングで、ワーグナーの作品ががスケジュ
ールと合ったりして、それで年に最低一度それ以上という決め事が維
持されているのだ。

3年前はバイロイト音楽祭にも行ったし……たぶんおそらく、この次
のバイロイト詣でもってバイロイト音楽祭は打ち留めになるだろうか
ら、この先“年に一度”が途切れる可能性が確実にあるのは、残念な
がら間違いのないことである。

《オペラのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック