食話§皐月五月もさようなら~枝豆へ~

5月最終日である。

気温も湿度もほどほどに気持ちのいい季節だったが、間もなく終わり
となってしまう。この先は、気温も湿度もどんどん上がって、鬱陶し
く汗が噴き出る季節がやって来るのだ。

6月からのお楽しみといえば、何といっても枝豆である。6月中は、
まだまだ走りの時季で、味もちょっと物足りなかったりするが、それ
も徐々に風味を増していって、7月から3か月ほどは、忠実なビール
の友として、家呑みする時には欠かせない酒肴の主役格なのである。

実は、気が向くとスーパーマーケットの総菜コーナーに茹で枝豆がパ
ックで売られているのを買い求めるのだが、冷凍物を茹でているよう
で、歯応えがいささか緩いと感じられてしまう。

そこはやはり、畑で取り入れられた新鮮な枝豆が、野菜売り場に置か
れていて、それを買って茹でたものには叶わないのだ。そして、枝豆
当番としては、茹で加減と塩加減を考えつつ、ほどほどの塩味と歯応
えになるよう“精進”しているのである。

5月中でも、沖縄からの早生ものが入荷していることはあるけれど、
やはりというか、残念ながら風味が淡泊過ぎて、旬の濃厚さには及ぶ
ものではない。かくして枝豆の旬が早く来ることを待ち望みつつ、皐
月五月を見送るのだった。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック