遊話§年に一度の旅行へ

というわけで、梅雨模様の日本からドライな空気のエリアへ束の間の
旅の空である。

昨今、この時期の北半球はおそらくどこに行っても暑さ暑さで、行動
的になれというほうが無理だったりして、今回もそうであるならば、
ホテルライフを楽しむという皮肉な滞在になるかもしれない。

そうは言っても、オペラやらコンサートの予定は入れてあるから、し
かるべく日程を消化することになるのだ。

ああ……数時間ほどのフライトでヨーロッパにたどり着くことはでき
ないものだろうか。年々、11時間にも及ぶ飛行機の空間が骨と感じる
ようになってきてしまった。

せめては機内では、到着して以降のことを考えてゆっくりのんびりと
骨休めに励もうとは思うけれど、やっぱり狭い空間で10時間以上を過
ごすのは間がもたない。

当然ながら、おおよそ数時間ほどで飽きが襲ってきて、そのあたりで
ウラル山脈を越えることになるのだが、さらにあと数時間のフライト
は、いよいよもって間がもたなくなるのである。

到着翌日からは、旅のスケジュールが動き出す。到着初日、まずはで
きるだけ眠るよう心掛けて時差ぼけの権限に努めるのだ。

旅行中のブログは例年通りの省エネモードで行い、旅行記については
同じく例年通り、帰国後に粛々とまとめるつもりである。

《海外旅行のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック