喋話§旅の英語ですとか・・・・・・

相変わらずな英語をやり繰りして毎年旅行に出かけている。いわゆる
“現場の英語”ってやつで、ほぼ同じようなやり取りばかりだから、
相手が何を言っているのか、個々の単語が聴き取れなくても、ざっく
り理解できてしまうのである。

旅行中の交渉事は、ホテルのチェックインに始まり、ホテルのチェッ
クアウト、そしてフライトのチェックインとレンタカーのピックアッ
プくらいのものだ。

この手のやり取りは、ほとんど類型のお決まり単語で済むわけだから
それさえ覚えておけば事足りてしまう。

ただし、それ以外の込み入ったやり取りになると、特に時として、相
手の英語が聴き取れなかったりして難儀することは少なくない。意外
にも詰まらない聴き取り間違いをすることしばしで、今回のトンデモ
聞き違いは、相手の言う“4th Floor(4階)”が“1st Floor(1階)”
と聞こえてしまったことか。

もう20年以上は居直りを決め込んでいて、そこから学んだ英会話のコ
ツのようなものといえば、第一に名詞の語彙、第二に数字を正確に話
すことだったりする。

会話をする時に、文法が大切なのはもちろんだけれど、それ以上に、
話題を展開するためにはそこそこの名詞が必要で、我々が話す話題は
限られているからそれさえ押さえておけば十分なのだ。それに加えて
正確な数字を把握しておけば、会話の信頼度が高まってくれるのだ。

まあ、語学力を放置しっ放しなのは問題だが、年に一度のことだから
と頬被りを続けているわけである。

《英語のトピックス一覧》

この記事へのコメント