変話§蓮始開~七十二候~小暑

小暑の次候“蓮始開(はすはじめてひらく)”である。

例年、レンタカーを借りてはけっこうな距離を走らせている。時には
2000kmなどという年もあるが、今年は1000kmに届かなかった。

あまりの暑さにホテルの部屋からの外出を手控え、必要な外出のみに
留めた結果である。

ところで、今回ミュンヘン空港とオーストリア・アルプスの端っこを
往復したアウトバーンで行きに2件、帰りに1件の事故に遭遇した。
小さな事故は何回か見たかもしれないが、ここまで大きいのは初めて
のこと。

特に行きの2件はひどく、最初はコンテナを積んだ大型トラックが横
転して道路下に落ちているのをクレーン車を使って復旧していたし、
もう1件は乗用車2台で、そのうち目にした1台は前半分が跡形なく
ぐしゃぐしゃに潰れていて、スピードの出るアウトバーンでの事故の
凄まじさを物語っていたのだ。

そして、今回の事故でアウトバーンのルールを一つ覚えた。それは、
事故現場の手前まで2車線を走る車は左右に分かれて、緊急車両が中
央を走れるように開けておくというものだった。実に自然発生的かつ
自主的に開けていく様は、納得できるやり方だと感心したのである。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント