徨話§ベルリンとアルプス[19]湖上音楽祭

[承前]

フランスを中心に熱波が襲来していて、オーストリアもその範囲に入
っている。フランスほどではないが、暑さは半端ではなく、わざわざ
表に出ていくのは控えめにしていた。

そんなわけで、今年レンタカーの走行距離が1000kmを切ったわけだが
とはいえさすがに何もしないのも何なので、恒例のブレゲンツ湖上音
楽祭を眺めに行くことにしたのである。それに水辺近くに行かば少し
は涼しいだろうとも考えたのである。

ホテルから車を走らせること40分ほど。地図などもう何年も見ること
なく、いつもの駐車場に着いたが……週末土曜日のこととて、駐車場
は満車で動きそうにもない。諦めようかと思った時、ちょっと離れた
ところにスペースを見つけて駐車。

我々が観た2016年の『トゥーランドット』から、一昨年と去年は『カ
ルメン』で、今年と来年は『リゴレット』が上演される。
↓巨大な“リゴレット”の頭と手と、頭の上には人が
IMG_2703.jpg
初日まで3週間を切ったというのに、まだステージは未完成のように
思われた。水面には舞台装置の残骸と思われる木っ端が大量に浮かん
でいて、こうした仕掛けを動かしてリハーサルの時間が取れるものだ
ろうかと心配になった。
↓舞台の上手に目をやれば夏のボーデン湖
IMG_2707.jpg
予想したとおり、ボーデン湖畔は涼しかったが、だからといって暑い
ことにそれほどの違いはなく、さっさと退散してお山へと戻っていっ
たのである。
                            [続く]

《オペラのトピックス一覧》

この記事へのコメント