徨話§ベルリンとアルプス[23]反省点多く

[承前]

19日間の旅行が無事に終わった。定年退職したら長旅ができるなどと
目論んではいたが、あまりにも明らかな体力の衰えが、20日間を越え
ての旅行を不可能なものにしつつあるのだ。

同居人は旅行中に旅日記というか旅メモのようなものを書いていて、
何年か前の記述を読むと、一日を目一杯行動していたことに驚かされ
る。

ここ何年かについては猛暑続きということもあって、行動が控えめに
なってしまった。もちろん10年近く前と今とでは体力が違っているか
ら一緒にはできないけれど、消極的な行動に陥ってしまっていたこと
は間違いない。

自分で計画して旅行しているのに、消極的な行動というのもおかしな
話だが、それもまた融通が利きすぎるくらいに適当かつ気楽な旅行を
しているからであろう。

ところで帰国した後の時差ぼけについてだが、毎年普通の状態に戻る
戻りかたが違っていて、今年は極端な症状が出ることはなく、時間は
かかったような気はしているが、緩やかに戻っていったと思うのだ。

というわけで、今年の旅行については、消極的であったことが一番の
反省点で、次回についてはそのあたりを改善して臨めればと思ってい
るが、猛暑が続くようだったらそうなる保証はない。
                             [了]

《海外旅行のトピックス一覧》

この記事へのコメント