変話§寒蝉鳴~七十二候~立秋

立秋の次候“寒蝉鳴(ひぐらしなく)”である。

去年は、我が家の周囲でヒグラシの鳴き聲を聞かなかったという記憶
が残っている。たまたまだったのか、ヒグラシの個体数が減っている
からなのか、そのあたりはわからない。ただ、南関東あたりでヒグラ
シが少なくなっているのは確かなようだ。

個人的には一番好きな蝉の鳴き方で、秋が忍び寄ってくる晩夏の象徴
のような存在と感じていた。

街中で聞くよりも、ちょっとした森の中で小さなせせらぎがある環境
だと、深閑としたイメージが強調されるような気がする。

太陽が西へと傾いて、風景がいくぶんか赤みを帯びるような時刻に、
ヒグラシが一匹で“カナカナカナ”と鳴くうら寂しさは、少なからぬ
日本人の感性に触れるのだ。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント