顧話§今日の歴史~海上空港として~

1994年9月4日、関西国際空港開港。

狭い日本の国土で、航空輸送の激増に対応できる空港を造るのは実に
難しいことである。成田国際空港を見れば、そのことをよく理解でき
るはずなのだ。

長く激しい反対運動の果てにようやく開港したものの、東京都心から
も遠く、実に不便な空港として、我々のような東京西部に住む人間に
とっては、空港の行き来に不満たらたらなのだった。

幸いなことに、数年前から羽田国際空港国際線に我々の目的地に飛ぶ
定期便の運航が始まってくれたので、さっさと成田に別れを告げたの
だが。

増加する航空需要に対応するため、大阪や名古屋、神戸では海を埋め
立てての空港建設が選択された。費用は嵩むが、空港建設にまつわる
諸問題……特に騒音を云々する反対運動等を考えれば、ゴリ押しがで
きる時代ではないことに関して、成田での失敗が教訓となったのだ。

ただし、去年の台風21号の影響で閉鎖を余儀なくされたが、そうした
対策もしかるべく講じなければならない。空港とはコストがかかるも
のなのである。

《歴史のトピックス一覧》

この記事へのコメント