告話§ビッグイシュー366号発売中!

ビッグイシュー366号は9月1日から発売されています。お買い求
めできる場所はこちらを参照。毎月1日、15日発売。一部350円。
180円が販売員の収入に。プラスチック革命が表紙。
bi366.jpg
スペシャルインタビュー クリスチャン・ベール

リレーインタビュー 道端アンジェリカ(モデル)

創刊16周年記念特集 プラスチック革命

2050年、海の中のプラスチックの量は重さで魚の量を超える、との試算がある。

1950年頃からのバージンプラスチックの生産量は約83億トン、うちリサイクルされたのは1割弱。今も毎年900万トン以上が海に流れ着き、5㎜以下のマイクロプラスチックとなって魚などの体内に取り込まれ、生態系の連鎖が始まっている。

ようやく各国が「使い捨てプラスチック使用禁止」に取り組み、欧州などではプラスチックごみを資源化、再循環させる「サーキュラー・エコノミー」への産業政策が加速している。

環境ジャーナリストの枝廣淳子さん(幸せ経済社会研究所)、徳島県上勝町でごみのリサイクル率8割以上を実現した「NPO法人 ゼロ・ウェイストアカデミー」の坂野晶さん、プラスチックごみを分子レベルに戻して再資源化する「日本環境設計」の岩元美智彦さんに取材した。

プラスチックごみの環境流出を防ぎ、再資源化する「サーキュラー・エコノミー」への動きに注目し、市民ができることを考えたい。

サーキュラー・エコノミーとは?


[国際記事]
若い人を世界に誘った『ロンリープラネット』
          創業者トニー・ウィーラーが“旅”を語る



原発ウォッチ 定期検査の間隔延長、検査は事業者任せ

浜矩子の新ストリート・エコノミクス 通貨の善悪は人間次第

雨宮処凛の活動日誌
    れいわ新選組・重度障害者の新人議員が進めたバリアフリー

枝元なほみの悩みに効く料理
モノを持ちたくない夫と、つい買ってしまう私☆“捨てない”で作る

ビッグイシューアイ 地殻の異常変動から地震の予測

今月の人 カナダ『リティネレール』販売者リンダ・ペレティア
                           [その他]

《ビッグイシューのトピックス一覧》

この記事へのコメント