兜話§さよなら六十四歳

ついこの間還暦となり、ついその翌年には定年退職を迎えたと思った
ら、あーら不思議……明日には65歳という年齢がやって来る。前期高
齢者の仲間入りである。

ビートルズの歌に“When I'm Sixty Four!(僕が64歳になったら)”と
いうのがあって、ちょっと懇願調の歌詞だったりするのだが、そこが
微妙に弱気になりつつある年齢に差し掛かるということであろうか。

というわけで明日には65歳となり、どうにかこうにか老齢厚生年金の
支給年齢に達する。

理屈でも何でもなく、何はさておいても己自身の健康維持を考えなく
てはならない。そのためにはどうしたらいいのか……週3日の休肝日
で十分か足りないか、自己管理と日々の楽しみをバランスよく両立さ
せることが、先々の大きくて重い課題になっていくのは間違いない。

《私事のトピックス一覧》

この記事へのコメント