変話§蟄虫培戸~七十二候~秋分

秋分の次候“蟄虫培戸(むしかくれてとをふさぐ)”である。

秋分も次候となって、残暑も和らいできたようだ。この先、暑さがぶ
り返すことはなきにしもあらずだが、まずまず夏は去っていったと思
われる。

けっこう未練がましくスーパーマーケットの野菜棚で枝豆を見つけて
はしぶとく茹でていたが、それもそろそろ終わりを迎えて、代わりに
というわけではないが、鍋のシーズンも間近となった。

衣類の入れ替えとか夏掛けから毛布に替えるとか、いよいよ季節がぐ
るりと動いていくようだ。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント