決話§歴史は繰り返す~生徒会長選挙~

通っていた高校の生徒会執行部の任期は、10月から翌年の9月という
ものだった。それゆえに、生徒会長は2年生が務めることになってい
たのである。

そしてそこでは、2年生対3年生の対立構図が毎年のように繰り返さ
れるのだ。

2年生の生徒会長候補に向かって3年生が論戦を仕掛けるのである。
それは“熾烈”なもので、まあはっきり言えば3年生が2年生を潰し
にかかる類と言えるだろう。

3年生が攻撃し、2年生が受けて立つ。候補は一人に絞っているから
信任投票が行われるわけで、当然ながら3年生は不信任、2年生は信
任で対抗する。だが、問題は1年生である。

入学して半年の1年生は、そんな論戦を前にして、ただ単に傍観する
ことしかできず、上級生のやり合いを眺めることしかできないのだ。

そして、新生徒会長が信任を受けるには1年生の投票動向が“鍵”と
なる。結果はというと、3年生の勢いに気圧されてしまった1年生の
多くが不信任投票をするから、信任は当然ながら頓挫することになっ
てしまう。

この信任投票が何度か繰り返され、どこかのタイミングで生徒会長が
信任されるのだが、それが恒例の揉め事ということなのだ。

そうやって3年生に叩かれた2年生もまた、一年の後に行われる生徒
会長選挙において、一年後輩の候補を叩くべく手ぐすね引くという、
今から思っても、不毛なことを懲りもせずに繰り返すのである。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント