鶏話§卵は週に6個です

週に一度届く宅配野菜の中には、新鮮な卵が6個入ってくる。これが
けっこうありがたかったりする。夫婦で一週間に3個ずつである。

年齢がそんな年齢なものだから、毎日毎日卵を食べ続けるのは過剰で
せいぜい一日おきに一個ずつで十分という見立てらしいから、我が家
では一週間を6個で賄えてしまうのだ。

6個のうち2個ずつ4個は茹で卵にして、カレーやラーメンのトッピ
ングで消費する。あとはオムライスにしたり、料理としては、ほうれ
ん草と炒めたり、トマトと炒めたり、そんなところである。

昔はよく熱いご飯に生卵の“TKG”に親しんだが、きちんと料理が
出てきてくれるのでTKGを食べる機会はほとんどない昨今なのだ。

宅配で届く卵は、いわゆる“赤玉”と呼ばれるやつだが、ものの本を
読んでも、白玉と赤玉の差はないということで、まあ新鮮であるから
それでよしだと思っている。

ただし新鮮はいいのだが、新しいうちに茹で卵にすると殻がなかなか
剥けずに難儀することが多い。茹で卵を作る日は、早めに冷蔵庫から
取り出して常温に戻しておくようにしているが、それでも2個茹でる
うちの一個はうまく剥けてくれない。

そうしているうち、一週間近く経った卵を茹でると、これがツルリと
いとも容易く剥けてしまうという不思議。

《日常のトピックス一覧》

この記事へのコメント