弱話§体力というより持久力がないのかも

基本的に体力がないわけだ。足繁く尾瀬に通っていた時、山道を歩き
出して10分もすると、脈拍があっという間に3けたへと上昇してしま
っていた。

そして、道の傾斜がきつくなると、数分ごとに一息入れるべく立ち止
まっては休憩を取っていたのである。いや、誰でも脈拍は3けたまで
上がるよと言うかもしれないが、それでも歩き続けられる人もいれば
立ち止まってしばしという人間もいるのだ。

そんな体たらくだから、尾瀬を歩く程度が身の程で、それ以上のレベ
ルの山に行かなかったのは賢明だったと思う。これで北アルプスでも
登ろうなどと目論んでいたら、ひどい眼に遭っていたのではないか。

それに加えて、この四半世紀は膝靭帯に爆弾を抱えている。今はサポ
ーターで保護してやっているけれど、爆弾がいつ炸裂するものか……
一番困るのは尾瀬ヶ原のど真ん中でドカン!とやってくることだが。

ともあれ、この先も尾瀬行に限っての年に一回か二回、日程に余裕を
持たせてゆっくりのんびり歩いてくるつもりでいる。場所については
かつて知ったるで既視感満載と思われるかもしれないが、歩けば歩く
だけ、過去と異なる視界が広がってくれる。だから、身体が許す限り
この先も尾瀬行を続けていきたい。

《老化のトピックス一覧》

この記事へのコメント