変話§山茶始開~七十二候~立冬

立冬の初候“山茶始開(つばきはじめてひらく)”である。

秋も本当に深くなって、寂しい周囲の様子となってしまった。

ようやく気温も下降傾向となりつつあるが、それでも最高気温が20度
台を維持しているのは、今さらながら“温暖化”というやつのゆえで
あるだろうか。

あまつさえ11月初日の我が家の外気温は27度超を記録していて、外出
するのに綿シャツだけで夜まで過ごせたのである。

気温は高めだが最初に書いたとおりで、樹々の葉の色もずいぶん赤や
黄に染まってきたようだ。

気温があまり下がってくれないので、ワードローブ的には、この先の
いつ頃からタートルネックのお出ましになるものかと……合わせるの
に悩むことがないから楽なのである。

さらに、ずいぶんフライングしてはいるが、鍋シーズンも本格始動と
いえるだろう。これも、あれこれ悩まずに済む晩の献立だから、週に
二度三度とお出ましいただく季節なのだ。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント