週話§日曜諸相~ベルリンの壁崩壊三十年~

前日1989年11月9日、政治報道局長のシャボウスキーが誤って発した
一言が、翌日(10日)にかけての“ベルリンの壁崩壊”へと繋がった。

あれからあっという間に30年が経っていた。同じ年の初め、日本では
昭和が終わって平成が始まったが、30年後の今年の日本も平成が終わ
って、元号が変わったのである。

6月にベルリンを訪れた時は、旧東ベルリンの中心部あたりに宿泊し
たわけだが、かつての建物はもちろん残ってはいたものの、当時の殺
伐とした雰囲気はほとんど消え失せて、少なくとも中心部に関しては
新しいベルリンの様相を見せていたのだ。

壁で隔てられていた期間は28年に及んだが、壁の崩壊から今年で30年
と、壁があった時代よりも長い年月が過ぎていたことに驚かされる。

《ベルリンのトピックス一覧》

この記事へのコメント