悼話§ゲーナ・ディミトローヴァさん(歌手)

昨日の新聞を開いて驚いた。64歳とはいかにも早い。歌おう
と思えばまだまだ歌える年齢であるのに……。

実演を聴いたのは1988年(バブル真っ盛り)のミラノ・スカラ
座来日公演、ヴェルディの『ナブッコ』のアビガイッレで、
NHKホールの3階席で聴いていたのだが、朗々と響き渡る
豊かな声量に腰を抜かした記憶がある。まさにドラマティッ
ク・ソプラノの鑑。金属的な響きとでも言ったらいいのか。

……この時はもう一人、パータ・ブルシュラーゼというバス
歌手も出演していて、同じくホールを揺るがすような凄まじ
い声だった。あれ以来、イタリア・オペラでこの二人を凌駕
するような声を聴いていないような気がする。

★ひだまりのお話★

"悼話§ゲーナ・ディミトローヴァさん(歌手)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント