職話§プロの仕事を理解すること

NHK先週末の午前中のプログラムに勘三郎が出演した。キ
ャスターは二人のアナウンサー。

一昨年くらいまで日曜夜の芸術劇場を担当していた女性アナ
のKは鼻がフガフガしていて実に聞き取りにくい。この一年
くらい歌舞伎座で観劇しているのを見かけるのだが、張り切
って勘三郎にインタビューはするものの、どうも歌舞伎に関
する知識のほどは十分とはいえず、かつてのNHKの歌舞伎
通Yや、現役のK、M、Fの足元にも及ばないのである。

その程度の知識では、民放のお馬鹿な勘違いアナウンサーと
大差なく、なぜ勘三郎を呼んでどういう話を聞くのかという
ことがまったく伝わってこない。彼らのような歌舞伎通に伍
して、彼女独自の切り口でということなどできようはずもな
い。視聴者が「ああ、その話は知ってるよ。もっと別の視点
から聞いてくれないかね」などと思って見ているようでは、
インタビューの意味がない。

とかく素人がプロのような顔をして振舞おうとするから間違
いが起きる。という以前に、Kアナがミーハー感覚で番組を
進行しているから論外なのである。確かに堅苦しくない番組
であるにしても、一定の矜持をもって出演者に接しなければ
ならないのに、そのあたりを躾ける人間が既にしてNHKに
も存在しないということなのか?

サークル“ビール純粋令”推奨協議会

"職話§プロの仕事を理解すること" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント