岩話§ビートルズのおかげ

中学で英語の勉強が始まってほどなく、少しづつビートルズ
の歌を覚えていった。それが直接役に立ったかどうかはわか
らない。

それからギターのブームに乗じてビートルズのソングブック
首っ引きで片っ端から歌っていった。ビートルズの歌はメロ
ディーラインがシンプルなくせに、コード進行が半端ではな
く、時たま11thとか13thのような和音が追加されていて、け
っこう苦労した。何じゃこりゃといつも思っていた。

有楽町のすばる座で封切りされた『レット・イット・ビー』
を観るために東京に行ったこともある。朝一から立て続けに
3回観ても飽きなかった。それで学校のピアノを相手にギタ
ーのコード進行を応用させることを思いついて『レット・イ
ット・ビー』を練習してみた。マッカートニーが歌っている
キーは違うようだが、基本はC、G、Fの3コードなので、
そう苦労せずに覚えてしまった。

クラシックとは別に、ビートルズが自分の中にもたらした有
形無形の財産を考えると、自分にとってビートルズはバッハ
やモーツァルトに十分匹敵する音楽的存在なのである。

クラシックのCDに囲まれて数枚のビートルズのCDは、意
外と聴く機会がないが、それでもたまに『サージェント・ペ
パーズ』をかけたりすると、30年以上変わることのない刺激
を与えてくれるのだ。

【去年の今日】劇話§来月の歌舞伎座『十二夜』について

"岩話§ビートルズのおかげ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント