旨話§年末恒例のお寿司を楽しむ

12月に外で酒を呑むのはすべて“忘年会”であるとは、去年も言って
いたことであるが、今年もその時季となって既に数回を数えている。

一季節に一回のお寿司の会を行なった。相変わらずのマンネリの注文
だと言われても構わない。偉大なるマンネリという言葉もある。

ヱビスの生を2杯、突き出しのイカ塩辛とマグロづけ、穴子に小肌。
生が成仏したところで久しぶりの“H”を二合。これでひとしきりを
ゆるゆると楽しんで、2時間もしたところで握ってもらう。

赤身、中トロ、平目、ネギトロ巻にカッパ巻で人心地ついた。

東京も新宿以西にうまい寿司屋を見つけることが本当に難しくて、冗
談でも何でもなく新宿は壊滅状態である。なので居直って立食い寿司
でちょいとつまんでいるのだが、そんな中で、辛うじての寿司屋の存
在は本当に貴重でありがたいのである。

【お願い】麦話§ドイツビールでテーマ作成しましょう

"旨話§年末恒例のお寿司を楽しむ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント