汗話§夏はやっぱり“カレー”でしょう

野菜庫に玉葱がたまってきていたので、日曜日の午後を使ってカレー
を作った。材料と作り方は、ここから始まる4回シリーズを参照。

じっとしていても暑いのだから、それだったら何かしていたほうが気
が紛れるんじゃないかと、3時過ぎから豚肉をヨーグルトに漬けてみ
たり、せっせと玉葱の粗みじんを刻んでみたりした。4時頃から玉葱
を1時間かけて炒め、いつもだったらホールトマトの缶詰を使うのだ
が、今回は生トマトを使うことにした。

生で食べるにはあまりおいしくないトマトなので、皮を剥きザク切り
にし、バーミックスで軽く粉砕して寸胴の中に加えた。出来上がりは
というと“食べる人”の同居人曰く……

「缶詰トマトと比べると、カレーの味がまろやかになってよろしい」

……と過分なおほめの言葉を賜った。これで火曜日くらいまでは十分
に食い繋ぐことができるのだ。

昨日はカレー以外にも、サイドの茹で卵やつまみの枝豆茹でなど、珍
しくまじめに厨房仕事をこなしたのだった。

ほどよい塩味の枝豆に冷えたビールがことのほかうまい。窓の外は、
ゴロゴロと雷が鳴り夕立模様のようである。

《B級グルメのトピックス一覧》

"汗話§夏はやっぱり“カレー”でしょう" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント