毒話§パソコンソフトの“食い合わせ”

思い返してみれば、VB2007へ更新を済ませたとたんにCPUが唸りを
たててお仕事をするようになった。それから様々な動作に変調をきた
し始めたのである。

パソコンの中で、インストールされた様々なソフトがどのように干渉
しあっているものか、想像すらできないのだが、要するに単体であれ
ば問題のないものでも、2つ3つと異質なものが取り込まれていくに
したがって、何らかの齟齬が生じる危険性があるのだという結論に達
する。

ならば、それを防ぐにはどうしたらよろしいかと問うならば、おそら
く専門家も手立てはないと答えるのだろうと思われる。

根拠のある食品の“食い合わせ”であれば、意識して防ぐことは可能
だが、必要なアプリケーションは、入れないことには話にならない。
それでパソコン本体の調子が狂うというのは、どうにもお手上げ状態
であるとしか言えないのだ。

素人の無責任な希望だが、この先インストールされたソフトの相性を
診断して、その齟齬を緩和するようなソフトが出現したりすることを
期待。

【去年の今日】政話§アメリカ合衆国中間選挙

"毒話§パソコンソフトの“食い合わせ”" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント