枝話§鰻屋で う巻 きも焼き うなぎ丼

そういえば、ずいぶんと鰻を食っていなかったことに気がついた。

野暮な会合の後、打ち揃って鰻屋に行った。この店には30年近く通っ
ているが、交通至便なことと、とにかく真っ当な鰻を食べさせてくれ
るので、わざわざ他の店に浮気する必要もなく重宝している。

席に座ってビールで喉を潤しつつ、酒のつまみに鰻を卵焼きで巻いた
“う巻”と“きも焼き”それに“上新香”を注文する。ややあって、
供されたつまみを肴に冷酒を頼む。苦いきも焼きで酒が進み、ふんわ
りとしたう巻で、また酒が進む。

鰻丼は後回しにしていたが、そうはいっても注文してからそれなりに
時間がかかるのを見越して鰻丼を頼む。この店は古くからある店なの
だが、鰻重と鰻丼を供してくれている。

食べやすさから言えば、圧倒的に丼でしょうと思う。大体中身は同じ
なわけだし、重箱で食べると“隅を突っつく”のがいじましく感じる
性質なのである。というわけで、酒がちょうど切れる頃にタイミング
よく鰻丼が運ばれてきた。

きも吸いでもいいが既にきも焼きを食べているので赤だしを頼んだ。
程よく蒸されてふっくらした蒲焼は、ご飯と合わせると絶妙のコンビ
だと思う。禁断の山椒を耳かき1杯もまぶせばこれまた至福である。

というわけだが、この鰻屋は何というか酒の揃いというか何というか
無頓着で、昔から工夫することなく、ありきたりの酒しか出ないのが
難点と言えないこともない。もう少し気の利いた2、3種類もあれば
と思うのだ。

《日本酒のトピックス一覧》

"枝話§鰻屋で う巻 きも焼き うなぎ丼" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント