書話§『文壇うたかた物語』大村彦次郎

著者の略歴を一読すれば、文芸誌の編集長として錚々たる作家と対峙
していたことがわかる。1950年代以降の克明な文士史になっている。

登場する作家は永井龍雄に始まり、松本清張、五木寛之、野坂昭如、
池波正太郎、渡辺淳一などなどといった面々。

まさに戦後文学史が凝縮された一冊である。

《読書のトピックス一覧》

"書話§『文壇うたかた物語』大村彦次郎" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント