挽話§歌舞伎座の建て替え、まだ~?

ここで書いてはみたが内部の詳しい事情などわかるはずもなく、いつ
工事が始まるものやらと少しやきもきしている今日この頃。

当初は2010年の竣工を目指していたはずだが、この様子では再来年に
新しい歌舞伎座が建っているとはとても思われず、そうなると完成目
標は先延ばしになり、勝手に想像してしまえば今年が歌舞伎座120
年にあたり、数字的なキリのよさからすると“歌舞伎座125年”と
いう区切りが視野にあるように思われる。

というわけで勝手な想像を続けると新しい歌舞伎座の完成は、5年後
2013年ではないかと無責任に予想してみる。

現在の歌舞伎座が六代目・中村歌右衛門の襲名興行で柿落としをした
のと同じく、新しい歌舞伎座での初めての襲名興行として現・福助が
七代目歌右衛門を披露するのではないかと想像するのだが、いかに?

正月の『助六』で初役の揚巻を務めおおせ、順当であればこの先、立
女形の主要な役をこなしつつ“その時”に備えるのではなかろうか。

……にしても5年先と想像してみると、ちょっと先が長い気はする。

+今日の富士山……○

"挽話§歌舞伎座の建て替え、まだ~?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント