飛話§通過だけした国とか地域[中]

[承前]

その時の旅行は、行きはモスクワ経由で、帰りが北周りのアンカレジ
経由というものだった。だから北極海の上空も飛んでいるのである。

アンカレジの空港は北周りお約束の経由地で、おぼろげな記憶では、
日本に帰国する直前の“きつねうどん”というのが名物だったりして
いて、残念ながらその時に味わいそこねてしまったのだが、話のタネ
に食べておけばよかったと後悔しきりなのだ。

さらにお約束の日本土産として、子持ち昆布とかスモークサーモンと
かいったものも販売されていたのだった。

空港内で待機したもう一か所が香港の啓徳(カイタック)空港である。
噂には聞いていたが、この空港の離着陸は聞きしに優るスリリングな
体験だったのである。

既に廃港となった啓徳空港にランディングするのは、パイロットにと
っても技量が要求されていたようで、最終アプローチの様子などは、
乗客からしてみてもなかなかな光景だったことを覚えている。

とにかく飛行機が香港のビル群を縫って降下して行くのだが、窓から
見るとミノルタだったかの広告のすぐ横を通り、アパートに干されて
いる洗濯物を引っかけそうなぎりぎりの着陸をするのだった。

着陸してフィンガーへ進むのに窓から外を見ていたら、ぐるりと方向
を変えた時に主翼の先端が海面にはみでているように見えた……。
                            [続く]

《海外旅行のトピックス一覧》

"飛話§通過だけした国とか地域[中]" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント