憬話§このたびの旅[12]バイロイト音楽祭へ

画像
↑・・・♪花びらの白い色は~恋人の色~~

[承前]

ドレスデンでの日々は、今回の旅の上質な前奏曲となってくれた。

滞在4泊、ほぼ時差も抜けた我々は、朝食を手早く済ませてホテルを
チェックアウト。ザクセンからバイエルン北部のフランケン地域まで
アウトバーンで230kmを南下し、2000年以来8年ぶり4回目となる
バイロイト詣に向かうのであった。まずもって、これが今回の旅の第
一主題である。

さすがに長旅なので荷物が多い。スーツケース大&中に衣装用のガー
メントまで持ち運ぶので、こりゃあもう車しかないでしょう。毎度の
ことながら、オートマチック車をリクエストして予約しているものの
チェックインカウンターに行くまで、どんな車が出てくるのかわから
ない。一度など馬鹿でかいジープを“大きい車よぉ”と恩着せがまし
く出してきた時には呆然とした。

そんな燃料ばかり喰い散らかす車など要らず、1800~2000ccクラスの
オートマのワゴンタイプなら十分なのである。こんな簡単なリクエス
トに何故応えられないのかと小一時間……。

それで、ドレスデン市内からタクシーを利用して、ドレスデン空港の
レンタカーオフィスでピックアップの手続きをした。車の台数が多い
のはどうやら空港の営業所らしく、もし変な車が出てきた場合でも、
クレームをねじこんでチェンジできる可能性は、街場の営業所よりも
高いだろうと踏んでの選択だったのだ。

時間とタクシー代はかかるが確実な手段と思えた。それと市内でピッ
クアップする場合、アウトバーンまでの行き道にも難儀する可能性も
高かったりする。賢明な選択だと思いたい。

というわけで、無事に思い描いたとおりのメルセデスのAクラスが出
てきてにんまり。荷物を載せた我々は、意気揚々とアウトバーンE40
を、一路バイロイト音楽祭に向かって出発したのである。

カーオーディオには、自宅で編集しCD-Rに落とした懐かしのフォーク
ソング集を入れた。中身はベッツィ&クリスの『白い色は恋人の色』
ですとか、石川セリが歌う武満徹集ですとか……。
                            [続く]

《ドライブのトピックス一覧》

"憬話§このたびの旅[12]バイロイト音楽祭へ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント