拜話§バイロイト初詣[19]バイロイト休日

[承前]

明日に『神々の黄昏』を控えて、この休日は遠出をせずに一日をのん
びりと過ごした。午前中は散歩だとばかりにバイロイト大学のキャン
パスまで足を伸ばしてみた。広々とした構内に低層の建物が点在して
いて、環境は抜群である。

夏休みだったのでもちろん学生の姿はなく閑散とした佇まい。散歩を
するにはうってつけだった。それから歩を進めると動物園を併設して
いる小さな公園に出た。折りよく日曜日だったので、人出もそこそこ
あり、中央の池ではリモコンのヨットやボートを浮かべて遊んでいる
大人の姿もそこここにあり、音楽祭とは関係なく流れているバイロイ
トの日常を垣間見たような気がしたのだった。

宿に戻り、やることもない午後はのんびりとテレビを見たのだ。何を
見たのかというと、これははっきり覚えているのだが自転車の世界選
手権プロロードレースの中継と、F1のベルギー選手権といったあた
りを、ゼクト片手にゆるゆると見たのだった。それでF1なのだが、
この時のスパ・フランコルシャンでミヒャエル・シューマッハがデビ
ューしたのだ。

期待の星なものだから、ドイツ国内の入れ揚げようも尋常ではなく、
今すぐにでもチャンピオンみたいな持ち上げようだったのである。

・・・というのんびり怠惰な休日は瞬く間に過ぎて。
                            [続く]

《ドイツのトピックス一覧》

"拜話§バイロイト初詣[19]バイロイト休日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント