連話§ワタシの酒肴[18]焼きスルメ+α

[承前]

・・・昔“スナックバー”ありき

町内に必ず一軒はあったのがスナックバーで、年長者に連れられて初
めて入ったのが30年以上前のこと。お酒はサントリーのホワイトか角
瓶、オールドなど頭が高い……。それをお水でじゃぼじゃぼに割って
くれる。・・・ウィスキーの味なんかあるのかというくらい。

つまみはしょぼいしょぼい……もう一度しょぼい! 乾き物の類で、
ナッツ類に柿の種、それにキスチョコですとか、ポッキーですとか、
そんな程度。

という中にあって、火を通したつまみの王様が、スルメを焼いたのに
マヨネーズがちょいと盛られているというものであった。初めて口に
した時は、そりゃあ驚いた。そもそもスルメとマヨネーズなんてミス
マッチだろうと想像していたのだから。

それが、マヨネーズに醤油や七味唐辛子を加えると、スルメの旨味と
渾然一体となって不思議な宇宙が拡がるのだから、何とも奥が深いw

……などと書きながら、もう何年も食べていないなあといきなり懐か
しくなってしまったのである。そういえばそんなスナックバーだが、
締めに何かをという時のお約束が“焼きうどん”だというのは、もち
ろんご存知ですよね。
                            [続く]

【去年の今日】週話§気まぐれ週末~新春浅草歌舞伎~

"連話§ワタシの酒肴[18]焼きスルメ+α" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント